BaseballチームNINE

社会人軟式野球部

愛されるチームを目指して

BaseballチームNINEとは

将来の夢を「プロ野球選手」に掲げ全ての時間を費やしていても、実際にプロ野球選手になり生活ができる人は全体の0.5~1%※にも満たないそうです。その中に入れなかった人のほとんどは進学・就職活動をすることになるとは思いますが、それまでの人生を野球に全て捧げていた為、進学・就職活動がうまくいかないケースは他のスポーツ同様によくあることです。

Nineはそういう方たちの為に社会人軟式野球部「BaseballチームNINE」を立ち上げることになりました。
基本的には野球中心の勤務を行い、当社が運営している就労継続支援B型やグループホームでの福祉事業にも携わって頂きます。
たとえ社会人軟式野球部での選手活動が終了したとしても、当社の運営する各種業種への転職など、
継続したサポートを受けられるのが特徴です。

監督は元オリックスバファローズの宮崎祐樹 !

長崎日大高時代は捕手を務め、2年時の夏に1番捕手として甲子園出場!
亜細亜大学卒業後は、セガサミーに入社。
打力を買われて春から指名打者としてスタメン起用されるようになり、3番・センターとして定位置を確保した。
2年目は静岡大会では打率.421の活躍で優勝に貢献、
続く京都大会では打率5割をマークし首位打者を獲得した後、オリックスバファローズに入団!
9年間の現役生活を終え、この度BaseballチームNINEの監督に就任!

宮崎祐樹監督のBaseballチームNINEへの想い

まず、設立記念年の監督として就任できることに喜びを感じています。発足したばかりのチームではありますが、
社会人軟式野球の頂点である天皇杯で勝利し、優勝できるチームを作っていきたいと思います。
練習・試合・仕事、全てにおいて手を抜かない、誰からも愛されるようなチームにし、地域貢献・社会貢献を果たしていくことを誓います。

宮崎祐樹監督